七種,七種粥

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。 七種は、前日の夜、に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。 「春の七種」とは以下の7種類である。

名前 現在の名前 科名
セリ科
なずな(別名・ぺんぺん草) アブラナ科
御形 母子草 キク科
繁縷 繁縷 ナデシコ科
仏の座 田平子(シソ科のホトケノザとは別のもの) キク科
アブラナ科
蘿蔔 大根 アブラナ科

 

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://nblog.f-danke.org/trackback/225

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 春がきましたぁ
    ほ!
  • 始まりました!!!新春しらさぎ作品展
    リーベ
  • ホッとする朝のひととき
    ほ!
  • はじめてのムーチー
    ほ!!

  • ほ!
  • だんだん・・・秋
    ほ!
  • 木々たちが…
    ほ!
  • 帽子がほしいなあ、今日は…。
    ほ!
  • ダンケの畑仕事3
    わん
  • 美味しかった四川料理、楽しかった夏のランチ会
    tea

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM